nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。意見や分からないことがあればどしどしコメントへ書いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㊲酸素ボンベの残量について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題37.3Ⅼ/分で酸素療法中の入院患者が500Ⅼ酸素ボンベ(14.7MPaで充填)を用いて移動した。現在の酸素ボンベの圧力計は5MPaを示している。酸素ボンベの残りの使用可能時間を求めよ。

小数点以下の数値が得られた場合は、小数点以下第1位を四捨五入すること。

解答.1⃣2⃣分

1⃣0.1.2.3.4.5.6.7.8.9

2⃣0.1.2.3.4.5.6.7.8.9

 

 

答え.57(分)

 

 

□解説

酸素ボンベは酸素流量で表示されているのではなく酸素圧で表示されています。なので、酸素ボンベの酸素残量を計算する時は現在酸素の圧力がどのくらい残っているか計算する必要があります。

酸素ボンベの圧力計

酸素ボンベのMaxの圧力が14.7MPaなので現在の圧力が5MPaだとしたら5/14.7を計算し、0.340…となります。その値に酸素ボンベに500Ⅼ酸素があるため500をかけると170となり現在の酸素残量は170Ⅼとなります。

そして、3Ⅼ/分酸素療法をしているため170を3で割ると56.66...となるため小数点以下第1位を四捨五入して57分となります。

 

補足

実際の臨床では酸素ボンベを使用する場合は酸素化が悪く状態が急変するリスクが高い患者さんがCTやMRIなどの検査に行く場合に使うことが多いためどのくらい酸素ボンベがもつのかすぐに判断することが大切になります。

なので、酸素ボンベを使用する際は、まず患者さんがどのくらいの酸素を投与しているのか把握することが重要で、酸素ボンベにどのくらいの酸素が残っているかある程度でいいので把握することが大切になります

酸素ボンベは500Ⅼなので満タンに入っていても10Ⅼ/分投与している場合は、50分しか持ちません。また、5Ⅼ/分であれば、その倍の100分(1時間40分)持ちます。

酸素ボンベの圧力が10MPaであれば、340Ⅼなので、15MPaから10MPaの間であれば、10Ⅼ/分であれば34分、5Ⅼ/分であれば68分持つことになります。

大体の酸素ボンベの残量をすぐに把握出るようにしておくと酸素ボンベを急に使用する場合でもどのくらい持つのか判断することができます。

また、日頃から現在どのくらい酸素圧が残っているのか確認してい置くことも、急に使用する場合もあるためとても大切になります