nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。意見や分からないことがあればどしどしコメントへ書いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㉘止血法について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題28.動脈性外出血の止血帯を用いた間接圧迫法について適切なのはどれか

①圧迫開始時刻を記載する

②幅が1㎝の止血帯を用いる

③動脈より低い圧を加える

④圧迫は2時間毎に1回緩める

 

 

答え.①

 

 

□解説

止血法には創部を直接圧迫する直接圧迫法出血している部位より中枢(心臓に近い部分)の動脈を圧迫する間接圧迫法があります。

直接圧迫法と間接圧迫法の違いを理解するといいと思います

②は止血を行う際には幅が3㎝以上の止血帯を使用する必要があります幅が3㎝未満の止血帯を使用すると止血部より末梢の循環障害や神経障害を起こしやすくなるため注意が必要です

③は動脈圧より低い圧で圧迫しても止血することができないです

④は2時間に1回に緩めても循環障害や神経障害のリスクが高くなるため生命の危機が切迫していない限り、より短時間で緩めるようにする必要があります。

①止血時間が長くなると循環・神経障害を起こすため、止血した時間を必ず記載することでいつから止血しているのか分かるようにしておく必要があります。

 

■補足

病棟で勤務している際は間接圧迫法を使うことはほとんどないと思います。

しかし、直接圧迫法はごくたまに使うことがあり、A(動脈)ラインの抜去の時やカテーテル治療後の穿刺部の圧迫などで使用します。しかし手で止血するのではなく、ステプティやとめた君(商品名)などを使用して直接圧迫します。

そのため、止血を開始した時間や創部の観察、抹消の冷感やチアノーゼ、指のしびれなどがないか観察することが大切です

 

止血時間が長くなるとすぐに末梢の循環障害や神経障害が起き、抹消組織が壊死する可能性もあるため止血をした後でも創部の観察が大切になるため注意する必要があります