nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。意見や分からないことがあればどしどしコメントへ書いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

看護師の日常 ~人間関係に正解はない 自分らしく働こう~

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

みなさんは、人間関係で今悩んでいますか?

今回は職場などの人間関係で人の目を気にしたり、人に嫌われたからどうしようなどと悩んだりしんどくなっている方に対して、人には様々な人がいるため人間関係には正解はないということを説明します

 

まず働くということは必ず他者と関わる必要があります。なぜ関わる必要があるかというと働くということは、‘‘自分以外の誰かほかの人のため仕事をしなければならない‘‘からです。

仕事は需要と供給で成り立っています。必要としてくれている方がいないと仕事はありません。仕事があるということは誰かが必要としているということになります。

そのため仕事をするということは必ず人間関係があります

 

人間関係で大切なことは、人にはそれぞれ様々な価値観や考え、個性があり自分では考えないこと、理解できないことを考える人は必ずいるということです。

自分と合わないと思う人や自分では考えられないことを言う人、生理的に無理な人など自分の価値観や考えに合わない人は必ずいます。

しかし、自分と価値観や考えが合わない人が間違っているかというとそうではないと思います

先ほども言った通り人にはそれぞれの価値観や考え、個性がありその価値観や考えで物事を判断します。人間関係でもその人独自の価値観や考えで関わりますが、その価値観はその人が今までの人生で培ったものであるため、その価値観や考えが正しいことや間違っていることではないと思います

自分の価値観や考えではおかしいと思っても、別の方にとってはおかしいと思わないこともあります。また逆に、自分にとっておかしくないことでも、他の方にとってはおかしいこともあります。

自分と合う人と合わない人がいるように、他の方にも合う人と合わない人がいます。

 

様々な人がいる以上、何が正しくて、何が間違っていると思ってもそれは、その時の状況や、その人の状態に応じて変わので何が正しいいとか何が間違っているとか思わずに自分らしく働いた方がいいと思います。

 

もし、仕事の人間関係で「あの人とは絶対合わないやあの人から嫌われている」と思ったときは、一度、『人にはそれぞれの価値観や考えがあるから、合わない人の一人や二人、嫌う人の一人や二人はいる、しょうがないな。』と客観的に捉えてみてもいいと思います。