nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。

看護師の日常 ~したいことをしたらいい自分の人生の主役は自分です~

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は、自分の人生の主役は自分であり、人生は自分らしく楽しく生きたらいいと思ったので「人生の主役は自分であること」について説明したいと思います。

 

人は年齢を重ねるごとに様々な人と出会い、別れを経験していきます

その中で、色々なことを経験し他人ことを多く考え、他人と自分の距離感や他人の気持ちを考えて自分がどういう人なのか考えていくと思います

自分が他人からどのように見られているのか考えることはとても重要で、客観的に自分を見れるようになることで自分が知らなかった部分やよく見えている部分などが分かり自分の強みが分かることがあると思います。

しかし、客観的に自分が見えすぎることで本来の自分の価値観や個性をマイナスな部分として捉えてしまい、自分の意志で物事を決めることができなくなると思います

 

看護師は人と関わることが仕事であり、患者さん然り、医師やリハビリスタッフ、事務員や患者さんの家族など必ず看護師の仕事は人と関わります。

そのため、日々自分が周囲の人から見てどのような人なのか考え、様々な方とトラブルにならないようにします。

しかし、様々な方とトラブルにならないように仕事をしようとすると、仕事内容ではなく、人間関係にトラブルがないことが仕事と思うようになってしまい、看護師として自分が行った看護や関わりが自分の気持ちではなく、他者とトラブルにならないように看護や関わりを行うようになります

 

他者とトラブルにならないことはとても大切ですが、一番大切なのは自分が日々患者さんやその家族に対してどのように関わるのか、なぜ関わるのかを考え、1日1日自分ができる仕事をすることだと思います

他人からどう見られているか考えトラブルにならないようにすることはとても大切です。

しかし、そのことを考えすぎてしまい、自分の価値観や個性が悪いことだったり、間違っていることだと思うことは仕事の本質から徐々に離れていくことになると思います。

 

自分の人生は自分のものです。決して他人が自分の人生を生きることはないです。なぜなら、他人にも他人の人生があるからです

 

人生は1回しかなくいずれは終わりが来ます。これはどんな人でも必ず来ます。ただ、それが人それぞれ遅いか速いかの違いだと思います。

自分の人生の主役は自分であり、自分らしく楽しく生きていったらいいと思います。