nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。

看護師の日常  ~看護師になろう 看護師のメリット3つ~

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は、看護師のメリットについて説明したいと思います。

みなさん、看護師と聞くとどう思いますか?

人のために役に立つ仕事や安定した仕事だと思う方が多いかもしれません。

 

もちろん、看護師は患者さんや利用者さんの健康や安全・安楽を守ることが仕事であり、世間がコロナなどで大変な時でも仕事がなくなることはなく、むしろ大変になることもあります。

 

その中で、自分の主観で看護師になるメリット3つ選んでみました。

  1. 直接感謝されることが多い
  2. 夜勤をすれば安定して給料がもらえる
  3. 転職がしやすい

 

 

1.直接感謝されることが多い

仕事とは誰か別の方のためにすることであり、感謝されないことはないと思います。

しかし、日々の仕事の中で感謝されることが多いかといわれれば、そこまで多くなく感謝されていることに気づかないことが多いと思います。

しかし、看護師は直接感謝されることが多く、落ち込んだりしているときに患者さんや利用者さんから「どうした、大丈夫?」など心配されたり、「いつもありがとう。」など直接感謝の言葉を聞くことが多いです。

看護師は人と関わることが仕事であり、怒られることや嫌われることもありますが、それと同じだけ、感謝されることもあります。

直接感謝されると少し自信が持て楽しくできる仕事だと思います。

 

 

2.夜勤などをすれば安定して高い給料がもらえる

看護師の平均年収は492万(2021年)となっていますが、正社員で夜勤をしていなければそんなにもらえないと思います。

看護師の夜勤の相場は、3交代(日勤→準夜→深夜)の場合は準夜4076円(2016年)、深夜5023円(2016年)となっていて、2交代(日勤→夜勤)の場合は10772円(2016年)となっています。

そのため、夜勤の回数が多くなるほど、給料も高くなります。

夜勤は身体的、精神的に負担がかかりしんどい時もありますが、正社員の場合は、ボーナスをもらえることが多く年2回、1.5~2か月程度分のボーナスをもらうことがあります。

実際私も、先月は総支給で34万円程度でした。(夜勤6回)

看護師は夜勤をしっかり行いボーナスをもらうことができれば、安定して高い給料がもらえると思います。

 

3.転職がしやすい

最後に看護師は転職がしやすいと思います。これが一番大きなメリットだと自分は思います。

それはなぜかというと、今看護師はどこの病院、施設も不足しているため、転職しやすく、高給与や急性期・リハビリ病院など条件を選ばなければ必ず転職することができると思います。

職場は様々であり十人十色、いろんな方と仕事をしなければなりません

そのため本当に合わない環境もあったりするので、自分が壊れる前に転職して環境を変えることもできると思います。

先ほども伝えたとおり、条件さえ多く選ばなければ、働く環境はどこでもあると思います。

環境を変えやすいことは長く働くためにはとても重要であり看護師の一番のメリットだと思ます。

 

今回は、看護師のメリットを3つ選んでみました。

今回のことが少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。