nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。

看護師の日常  5月16日 ~笑顔であいさつをしよう 好意の返報性~

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今日は日勤でした。

 

今日学んだことは笑顔で挨拶するだけで患者さんやスタッフから笑顔で挨拶され、コミュニケーションがしやすくなることを学びました。

 

受け持ち患者さんの中で以前別の病棟で入院されていた方がいました。しかし、その病棟で看護師の方に「自分でしてください。知りません。」など言われたとしてトラブルになった患者さんがいました。

そのため、担当する看護師は発言や表情など特に気を付けるよう申し送りがありました。

いざ、朝訪室すると表情が硬いように思いましたが、「おはようございます。今日担当させていただきます〇〇です。」と笑顔で挨拶すると、患者さんも笑顔になり、検温や状態の確認がスムーズになり、注意することや気を付けることを伝えても納得した様子で終始穏やかでした。

 

また、スタッフに対しても自分がちょっと苦手だと思う看護師に対して笑顔で挨拶すると、自分の方を見て挨拶していただき、とてもスムーズに勤務することができたと思います。(笑)

 

今日は休みの後の日勤だったため気分がよく自分から笑顔で挨拶をしていました。

いつもだったら、挨拶はしますが笑顔かどうかは定かではないと思います。

しかし、笑顔で挨拶することで患者さんやスタッフに対してスムーズに勤務することができたと思います。

 

心理学で「好意の返報性」というものがあり、人間の心は相手から好意を受けると同じだけの好意を返すようにできているそうです。

体調や機嫌が悪かったりしいつも、好意の返報性があるわけではないと思いますが、毎日少しずつ相手に対して笑顔で挨拶し好意を送ることで少しでも好意が返ってくると、勤務がやりやすくなると思います。

 

皆様も明日から少しずつ笑顔で挨拶をしてみてください。