看護師の日常  看護師の仕事内容  ~ 大きく分けて4つ ~

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は毎日している看護師の仕事について4つに分けて紹介します。

 

看護師の仕事は多種多様であり、様々な病気や症状、治療や手術、検査がありどういうものかきちんと理解していなければなりません。

また患者さんも同じ年齢で同じ性別でも十人十色で、どういう個性があるのか、何を大切にしているのか、家族はどう思っているのか様々なことを考えて関わっていかなければなりません

本当に看護師の仕事は様々ですが今回は大きく4つに分けました。

 

1.診療の補助

2.療養上の世話

3.記録

4.委員会、研修

 

 

1.診療の補助

看護師の仕事大きく分けると『診療の補助』と『療養上の世話』があります。

『診療の補助』とは文字通り医師の診療の補助であり、先生が入院が必要と判断し入院が確定すると、受け入れ態勢を整え患者さんに入院の説明をしたりします。

また、患者さんの症状や病気に対して先生の指示のもと採血や点滴、レントゲンやCT検査などの治療や検査を対応します。

『診療の補助』は、治療や検査だけではなく、手術が必要になった場合は、手術室や内視鏡室などに患者さんを移送し終わったら、また対応しなければなりません。

検査や手術などは病気や症状などにより様々あり本当に大変です。先生それぞれで指示することも違うことがあるのできちんと確認しないいけません。(何かトラブルがあったら大変です)

そして毎日必ずしていることとして、バイタルサインのチェックです。

バイタルサインとは生命兆候であり、現在の状態(身体、精神)を把握するためには必ず必要なことです。状態が悪くなるとほぼ必ず数値が悪くなるので、悪くなる前に患者さんの症状と組み合わせて、悪くなる前に先生に相談したりします。

なので、毎日必ずバイタルサインのチェックはしています。

[例]

・バイタルサインのチェック

・入院、転棟、転院、退院の対応   

・採血、点滴、EDチューブ(鼻から今で入れる管)

・検査出し(レントゲン、CT、MRI胃カメラ、大腸カメラ)

・手術出し

 

2.療養上の世話

もう一つの看護師の仕事として『療養上の世話』は、患者さんの日常生活の介助を行います。

簡単に言うと、熱が出たり、痛みが強かったりしご飯がうまく食べれない方へ食事の介助をしたり、腰や大腿骨の骨折、熱が出てうまくトイレにけない方へ排泄の介助をしたりします。

しかし、看護師が日常生活の介助を行うときは、ただ介助するだけでなく、飲み込むときにむせ込んでいたら、お水は吸い飲みの方が飲みやすいんじゃないか、トロミをつけた方がいいんじゃないかや排泄介助の時におしっこの量が少ないな、水分は取れているのか、お尻が赤くなっていないかなど看護師としての観察する目をもってかかわっていくことが大切です。

[例]

・食事介助(むせ込みはないか、食事は取れているか、水分はとれているかなど)

・排泄介助(おしっこ、お通じの量・状態、お尻の皮膚の状態など)

・入浴介助

・口腔ケアの介助(歯磨き、うがいなど)

 

3.記録

看護師は毎日している1.2.に対して必ず1日1回は記録を書いています。患者さんの状態はどうだったのか、発言はどういうことがあったのかなどを記録しています。

記録していることで後日どういう状態だったのか情報を共有することができ、診療の補助に対してとても有効になります。

毎日する記録以外に中間サマリー(入院サマリー)や退院サマリーなどを書きます。

サマリーとは『看護要約』のことでどういう状態で入院して、どういう治療、検査、看護を行ってどうなったのかを簡単に記録したものです。

それ以外に、月に1回各患者さんの看護計画(入院中にどういう看護を行っていくか計画したもの)の評価、修正を行います。

記録だけでも書くことが多く大変です。

[例]

・毎日の看護記録

・サマリー(中間・退院サマリー)

・看護計画の評価・修正

 

4.委員会、研修

最後に看護師は日々研鑽していかなければならたいため、病院内の委員会や研修があります。

病院には『褥瘡委員会』や『認知症委員会』、『身体拘束委員会』、『記録委員会』など様々な委員会があり、月に1回は各委員会が開催されます。

また、病院外だけでなく病院内でも研修があり、感染症対策に対しての研修は看護師だけでなく全スタッフ参加の研修などもあります。

研修や委員会は日中であることもあれば、業務終了後にあることもあります。

[例]

・褥瘡委員会

認知症委員会

・身体拘束委員会

・記録委員会

・研修(感染症対策、接遇マナーなど)

 

今回は簡単に4つに分けて看護師の仕事をまとめてみました。

ぜひ、参考になればと思います。