看護師の日常 1月19日  ~何もなくても疲れます~

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up Nurseです。

 

今日は夜勤でした。

現在、コロナ病棟には3名の方が入院していますが、呼吸状態は悪くなく全員胸部レントゲンで肺炎像はありませんでした。

 

しかし、1名の患者様は睡眠時無呼吸症候群があり自分でCPAP(持続陽圧呼吸療法といい、機械で圧力をかけた空気を鼻から気道に送り込み、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防止する治療法です)を行っていました。

自分で準備や片付けなどは行えますがどうしても夜間は呼吸数が少なくなり、呼吸回数が低下したアラームがなることがありました。

何度か訪室して様子を見て、呼吸状態は悪化せず全身状態も変わることはありませんでしたが、やはりコロナウイルスにより呼吸状態が悪化することを考えてしまい、杞憂に終わることがほとんどですが、とても精神的に疲れます。

 

3名とも自分で食事や口腔ケアなどは行えるため看護師が介助することはほとんどありませんでしたが、精神的に少し疲れた夜勤でした。

 

看護師として常に最悪のことを考えて仕事に臨むことは大切だと思います。

状態が変わり急変することも少なくないので、精神的にしんどいと思いますが、夜勤の勤務時間全て緊張すると毎日の仕事が持たないので、少しでも体の力を抜いてリラックスするようにメリハリを意識して仕事をしていきたいと思います。