nevergiveupnurseのブログ

日々死に物狂いで働いている男性看護師です。これまでたくさん失敗や挫折をしてきましたが、結果今は楽しく仕事することができています。意見や分からないことがあればどしどしコメントへ書いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㊴発達課題について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題39.ハヴィガーストが提唱する老年期の発達課題はどれか。

①子供を育てる

②退職と収入の減少に適応する

③社会的責任をともなう行動を望んで成し遂げる

④男性あるいは女性としての社会的役割を獲得する

 

 

答え.②

 

 

 

□解説

ハヴィガーストライフサイクルを6つの段階に分け、それぞれの時期において乗り越えなければならない代表的な課題を発達課題として示し、人間が健全で幸福な発達をとげるためには達成しなければならないと提唱しています。

①は壮年期の発達課題で、壮年期では大体18~35歳位をさし「新たな集団を作ること」が大きな発達課題であるため、子供を育てる以外に配偶者を選択すること配偶者との生活を学習することがあります。

③、④は青年期の発達課題で、青年期では大体13~17歳位をさし、第二次成長期を経て、多くの交友関係を行い壮年期に向けて準備をする段階です。なので、社会的責任をともなう行動を望んで成し遂げる以外に、男性または女性としての社会的役割を達成したり、自分の身体的変化を受け入れ、身体を有効に使ったり、両親やほかの大人からの情緒的独立を達成したり、経済的独立の目安を立てたりする発達課題があります。

②は老年期の発達課題で、老年期では大体60歳以上をさし、加齢に伴って感覚器官や知覚・認知の機能が低下し疾患に罹患しやすくなるため、自身の身体を労わり補償していくことが必要となります。そのため、肉体的な力や健康の衰退への適応引退と収入の減少への適応、配偶者の死への適応、同年代の人と明るい親密な関係を結ぶこと、肉体的に満足な生活を送るためへの準備などの発達課題があります。

 

■補足

発達課題は人間が健全で幸福な発達になるために達成しておかなければならないとても重要で大切な課題です。なので、どのくらいの年齢でどのような発達課題があるのかきちんと理解しておくと、患者を捉える際に、疾患や疾病により身体状態、精神状態が悪化しているだけでなく、その患者にどのような不安があるのか、何を不安や不満に思っているのかなど様々な視点で患者を捉えることができ、患者の家族関係や仕事関係、家での生活の仕方などの情報を意識して収集することができると思います

発達課題は健全で幸福な発達を行うためには達成しておかなければならないとなっていますが、全員がすべて達成していることは少ないと思います。なので、人それぞれ何を達成してるのか、何をまだ達成していないのかを細かく理解しておくとより深く患者を捉えることができると思います

 

それぞれのライフステージでどのような発達課題があるのか、何を不安に思い、どのような不満があるのかきちんと理解できていると患者の退院後の生活や家族への説明などに生かすことができると思います。

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㊳生活習慣病について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題38.疾患と原因となる生活習慣との組み合わせで適切なのはどれか。

①低血圧症―飲酒

心筋梗塞長時間労働

③悪性中皮腫ー喫煙

④1型糖尿病ー過食

 

 

答え.②

 

□解説

高血圧や高脂血症、糖尿病(2型)などの生活習慣病と生活習慣は密接な関係があり、生活習慣病と生活習慣との関係をしっかり理解しておく必要があります。

脳梗塞心筋梗塞、閉塞性動脈硬化などの疾患は高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病があると発症リスクが3倍以上高くなると言われているため生活習慣病になる生活習慣を覚えておくことが大切になります。

飲酒により発症のリスクがある疾患は高血圧です。低血圧症は原因が分からない本態性低血圧症と細胞外液の減少や自律神経系、内分泌系の異常による症候性低血圧症があります

悪性中皮腫は喫煙ではなくアスベスト吸入後20~40年を経て、胸膜や腹膜の中皮細胞から発生する悪性腫瘍です喫煙により発症する疾患は慢性閉塞性肺疾患COPD肺癌があります。

1型糖尿病自己免疫や遺伝子因子による膵臓インスリン分泌障害なので、過食などの生活習慣では発症しません。過食などにより発症するのは2型糖尿病です。

心筋梗塞は心臓の栄養血管である冠動脈が閉塞し心機能が低下する疾患です。不整脈により急変、急死するリスクがとても高いです。長時間労働により疲労が蓄積し血管病変の悪化を招き心筋梗塞を発症するリスクがとても高くなります

また、長時間労働では心筋梗塞だけでなく脳梗塞脳出血のリスクも高くなります。

 

■補足

現在、糖尿病や高血圧症がある方は約1000万人、高脂血症がある方は220万人と言われています。(日本生活習慣病予防協会より)

それにより脳梗塞脳出血の患者は111万人程度心筋梗塞の患者は173万人いると言われ、患者数も年々増加傾向にあります。

そのため高血圧症や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の発生のリスクを軽減し、発症しても疾患が悪化しないように生活習慣を見直し、生活習慣を改善していくことがとても大切となります

高血圧症が発生するリスクが高い生活習慣は、肥満飲酒、塩分の過剰摂取があります。また、食事だけでなく睡眠不足過労によっても血管に負担がかかり高血圧になりやすくなります。

なので、高血圧の生活習慣を見直していく上で大切なことは、塩分の摂取量に気を付け、禁酒、節酒を行い早めに休むことが大切になります

しかし、高血圧は年齢によって血管の弾力性が低下し、年々血圧が高くなるため生理的な血圧の変化も理解しておくことが大切です

 

糖尿病は膵臓からのインスリンの分泌量が低下し、インスリンの働きも悪くなるため体内に糖を吸収できなくなり血液が高血糖の状態になります

そのため、まずは糖質や脂質の摂取量を見直し膵臓への負担を軽減させることが大切です。また、運動を行うことによってインスリンが良く働くようになるため、適度な運動を行うことも大切です

 

年々脳梗塞心筋梗塞の患者が増加していて、脳梗塞心筋梗塞を予防していく上で生活習慣を見直すことはとても大切なことです。

生活習慣病と生活習慣の関係性をきちんと理解し患者と関わっていくことが必要になります。

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㊲酸素ボンベの残量について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題37.3Ⅼ/分で酸素療法中の入院患者が500Ⅼ酸素ボンベ(14.7MPaで充填)を用いて移動した。現在の酸素ボンベの圧力計は5MPaを示している。酸素ボンベの残りの使用可能時間を求めよ。

小数点以下の数値が得られた場合は、小数点以下第1位を四捨五入すること。

解答.1⃣2⃣分

1⃣0.1.2.3.4.5.6.7.8.9

2⃣0.1.2.3.4.5.6.7.8.9

 

 

答え.57(分)

 

 

□解説

酸素ボンベは酸素流量で表示されているのではなく酸素圧で表示されています。なので、酸素ボンベの酸素残量を計算する時は現在酸素の圧力がどのくらい残っているか計算する必要があります。

酸素ボンベの圧力計

酸素ボンベのMaxの圧力が14.7MPaなので現在の圧力が5MPaだとしたら5/14.7を計算し、0.340…となります。その値に酸素ボンベに500Ⅼ酸素があるため500をかけると170となり現在の酸素残量は170Ⅼとなります。

そして、3Ⅼ/分酸素療法をしているため170を3で割ると56.66...となるため小数点以下第1位を四捨五入して57分となります。

 

補足

実際の臨床では酸素ボンベを使用する場合は酸素化が悪く状態が急変するリスクが高い患者さんがCTやMRIなどの検査に行く場合に使うことが多いためどのくらい酸素ボンベがもつのかすぐに判断することが大切になります。

なので、酸素ボンベを使用する際は、まず患者さんがどのくらいの酸素を投与しているのか把握することが重要で、酸素ボンベにどのくらいの酸素が残っているかある程度でいいので把握することが大切になります

酸素ボンベは500Ⅼなので満タンに入っていても10Ⅼ/分投与している場合は、50分しか持ちません。また、5Ⅼ/分であれば、その倍の100分(1時間40分)持ちます。

酸素ボンベの圧力が10MPaであれば、340Ⅼなので、15MPaから10MPaの間であれば、10Ⅼ/分であれば34分、5Ⅼ/分であれば68分持つことになります。

大体の酸素ボンベの残量をすぐに把握出るようにしておくと酸素ボンベを急に使用する場合でもどのくらい持つのか判断することができます。

また、日頃から現在どのくらい酸素圧が残っているのか確認してい置くことも、急に使用する場合もあるためとても大切になります

 

 

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㉟経鼻経腸栄養(挿入)について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題35.成人に経鼻経管栄養法を行う際の胃管を挿入する方法で適切なのはどれか

①体位は仰臥位とする

②管が咽頭に達したら頸部を後屈する

③咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する

④嚥下運動よりも速い速度で挿入する

 

 

答え.③

 

□解説

胃管を挿入する際に絶対にしてはいけないのは誤挿入(気管へ挿入すること)です。

そのため、胃管を挿入した後は胸部Ⅹ‐Pを撮影し胃へきちんと挿入されているか確認します

①胃管を挿入する際は気管への誤挿入を防ぐために咽頭から食道がほぼ一直線になる座位、または半坐位(ファウラー位)で行います。

頸部を後屈すると気管へ誤挿入しやすくなるため咽頭部に達したら頸部を前屈させる必要があります

嚥下運動と合わせることで食道へ挿入しやすくなります

咳嗽がある場合は気管への誤挿入の危険性が高いため、咳嗽があった場合は一度抜去して再度挿入する必要があります

 

 

■補足

胃管にはEDチューブやNGチューブがあり、栄養剤を注入するか、胃内容物を廃液し胃内圧を減圧するかでEDチューブを挿入するかNGチューブを挿入するか挿入する目的によって胃管が違います。

胃管を挿入する手順と注意点を説明したいと思います

胃管を挿入する手順

1.気管への誤挿入を防ぐために患者さんを座位かファウラー位にする。

頸部が前屈することが大切なので頸部が後屈している患者さんは枕やクッションを活用して少しでも頸部が前屈する体位にすることが大切です

2.ガーゼに潤滑剤を取りチューブの先端に塗布する。

※潤滑剤を塗布する前にEDチューブであれば、先に少しEDチューブに水を通す必要がありますEDチューブにはワイヤーが入っているためワイヤーがすぐに取れるように水を通しておくといいです。挿入した後に通してなかったらワイヤーを取るのが大変です。

3.患者さんに嚥下をさせながらチューブを鼻孔から挿入します。

成人の鼻孔から噴門部(胃の入り口)までの長さ大体50㎝なので50㎝+5~10㎝(55~60㎝)程度挿入する必要があります

4.咽頭部まで挿入したら「つばを飲み込んでください。」などの声掛けを行い嚥下運動に合わせて挿入します。この時、頸部を前屈させて挿入する必要があります

咽頭部から先へ挿入する際は、咳嗽などが出た場合はすぐに一度抜去して挿入します。食道に入ると嚥下運動があるため、喉頭を見ていると嚥下運動があるのが分かりやすいため挿入中は喉頭部を見ているときちんと挿入できたか確認することができます

5.口腔内でとぐろを巻いていないか口腔内を観察し胃管がきちんと挿入されているか確認します。

6.55~60㎝挿入した後に注射器で空気を10㏄程度注入し聴診器で胃泡音があるか確認します。また、胃内容物が吸引できるか注射器で吸入します

7.挿入した長さが変わらないように胃管を仮固定(軽く固定)し胸部Ⅹ-Pを撮影し、Drに画像を確認してもらいます。

8.胃管の位置を確認した後にワイヤーを外し胃管を鼻腔と頬に固定します。

 

挿入するうえで大切なこと挿入する前の体位と思います。高齢になると頸部が後屈することが多くなるため、胃管を挿入する際はきちんと座位やファウラー位にして、枕やクッションを使用して頸部を少しでも前屈することが大切です

胃管の挿入が上手くいかない場合は、改めて体位や頸部の状態を整えて行うと上手くいくことがあると思います。

 

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㉞ノロウイルスについて

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題34.ノロウイルス感染を拡大させないための対応で適切なのはどれか

感染症の居室はアルコールで拭く。
②感染者の吐物は乾燥してから処理する。
③感染者が使用したリネンは60℃の加熱処理を行う。
④感染者が使用した食器は次亜塩素酸ナトリウムで消毒する。

 

 

答え.④

 

 

□解説

ノロウイルスアルコール消毒に対して抵抗性が強いと言われています。なので、アルコールではなく、より消毒力が強い次亜塩酸ナトリウムを使用し消毒するとより感染拡大を防ぐことができます

ノロウイルス乾燥に強く吐物が乾燥すると空気中にウイルスが浮遊しそのウイルスを吸い込むことで飛沫感染を起こすリスクが高いため吐物は乾燥する前に処理する必要があります。

ノロウイルス85~90℃で1分間以上加熱すると死滅するため、60℃ではなく85~90℃の加熱処理が必要です。

④先ほどの言った通り、ノロウイルスはアルコールに対して抵抗性が強いため次亜塩酸ナトリウムを使用し消毒する必要があります。

 

 

■補足

ノロウイルス非常に強い感染力があり、乾燥に対しても強く乾燥してもしばらくは空気中を浮遊するためきちんと嘔吐物や便の処理をしなければ感染が拡大します

ノロウイルスの感染経路は経口感染接触感染、空気感染、飛沫感染があります。

まず、牡蠣などを生や加熱が不十分な状態で摂取したり、ウイルスがついている手を介して口に触れたりすると経口感染を起こします。

その後、嘔吐物や便の処理をしっかりと行わないと嘔吐物や便が乾燥し空気中にウイルスが浮遊しそのウイルスを吸い込んで空気感染や飛沫感染を起こします

また、嘔吐物や便の処理の後きちんと手洗いを行わないと人の手を介してノロウイルスが他の場所に移動するため、その場所を他の人が触り接触感染を起こします

 

ノロウイルス乾燥しても20日間生存すると言われているため嘔吐物や便の処理を確実に行わないと空気中にウイルスが浮遊したり、人の手を介して様々な場所にウイルスが移動し感染がすぐに拡大します。なので、嘔吐物や便の処理がとても重要になります。

嘔吐物や便の処理

1.嘔吐物や便があった場合はすぐに近づくのではなく、マスクと使い捨て手袋2枚、使い捨てガウン、シューズカバーを装着し、次亜塩酸ナトリウムと新聞紙(紙ペーパーでも可)、ビニール袋2枚を準備します

次亜塩酸ナトリウムは嘔吐物や便の処理の場合は0.1%濃度の次亜塩酸ナトリウムを準備する必要があります。

 

消毒対象 必要な濃度 原液の濃度 希釈倍率 1lの水に加えて作るのに必要な原液の量
便や吐物が付着した床やおむつなど 0.1% 5% 50倍 20ml
  10% 100倍 10ml
衣服や器具などのつけ置きトイレの便座やドアノブ、手すりや床など 0.02 5% 250倍 4ml
  10% 500倍 2ml

 

2.嘔吐物や便の上に新聞紙(紙ペーパー)を置き、その周囲にも新聞紙を置きます。ウイルスの拡散を防ぐためです。また、嘔吐物は広範囲に飛んでいることが多いため嘔吐物だけでなくその周囲にも新聞紙を置く必要があります

3.次亜塩酸ナトリウム0.1%をその新聞紙の上からかけ外側から内側にかけてふき取ります。外側から内側にすることでウイルスの拡散を防ぎます

4.嘔吐物や便をふき取った後も同じように新聞紙を再度置き次亜塩素ナトリウム0.1%をかけて外側から内側にふき取ります

5.ふき取った後は1枚目のビニール袋(ふき取った新聞紙が入っている)に2枚目の手袋、ガウン、シューズカバーを入れ封をし、2枚目のビニール袋に入れます。最後に1枚目の手袋を2枚目のビニール袋に入れ封をします。

6.処理の後は必ず、手洗いと手指消毒を行います

 

感染拡大を防ぐためには自分自身の感染を防ぐことも大切なので、自分も含めて他の方に感染しないように嘔吐物や便の処理をし、処理した後は必ず手洗いと手指消毒をする必要があると思います。

 

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㉝CV(中心静脈カテーテル)について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題33.中心静脈から投与しなければならないのはどれか

①脂肪乳剤

②生理食塩水

③5%ブドウ糖

④高カロリー輸液

 

 

答え.④

 

 

□解説

中心静脈は末梢静脈と比べて血管が太く、血液量も多いため薬剤を投与してもすぐに希釈されます。なので血管外漏出がモンド内となる薬剤や高濃度の薬剤を投与することができます

①、②、③はほぼ血漿と等しい浸透圧濃度であるため末梢静脈から投与が可能です。①は電解質アミノ酸が含まれている輸液と混ざると血栓ができる可能性があるため単独ルートからの輸液を行う必要があります

④は血漿よりも浸透圧が高く末梢静脈から投与すると血液量が少なく十分に希釈されず、血管障害を起こす可能性が高いため必ず中心静脈から投与する必要があります。

 

 

■補足

末梢静脈と比べて中心静脈高カロリー輸液を行えるだけでなく、抗がん剤など血管外漏出が起きると重篤な皮膚障害や潰瘍形成が起きる薬剤も投与することができます

しかし、中心静脈は末梢静脈比べて感染しやすくカテーテル感染を起こすと重篤になりることが多いため感染予防に注意が必要です

CVカテーテルを挿入中は

1.挿入部の観察(腫脹、熱感、発赤など)を毎日行う

2.1週間に1回はCV挿入部の消毒を行う

3.1~2週間に1回はCVルートの交換を行う

ことが大切です。

CVカテーテル感染が起きると発熱や呼吸器症状が現れることが多く、採血で白血球数やCRPなどの炎症反応が高くなります。

カテーテル感染が疑われると一度CVカテーテルを抜去しカテーテルの先端を培養検査に出すこともあります。そして、抗菌薬を投与します。

 

CVカテーテル高カロリー輸液や抗がん剤などを確実に投与でき効果的に治療を進めることができますが感染のリスクが高いためCVカテーテル挿入中は感染や血栓などの合併症も注意して観察してく必要があります。

 

 

 

現役看護師が解説する看護師国家試験  ㉜臨床検査について

こんにちは、毎日死に物狂いで仕事をしているNever give up nurseです。

 

今回は現役看護師である僕が仕事をしていると何でそうなるのか、原因は何か考えることが多くその経験から様々なことを学んだので、その学んだことを生かして看護師国家試験の問題について解説したいと思います。

今回のことが少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

問題32.生体(生理)検査はどれか

①喀痰検査

②脳波検査

便潜血検査

④血液培養検査

 

 

答え.②

 

□解説

臨床検査には検体を採取して検査する検体検査身体を直接調べる生体(生理)検査があります。

①、③、④は生体(患者さん)から採取した検体(痰、便、血液)について調べる検査です。その他に、採血や一般尿検査、尿培養検査があります。

患者さん(生体)の頭部へ機器を装着して脳波を検査します。生体に直接機器を使用し検査するため生理となります。

 

■補足

臨床検査は患者さんが発しているサインや身体の状態を調べ、疾病の診断や疾病の早期発見、治療の判断、経過などをみるために行います

つまり、入院時から退院にかけて必要なことでありきちんと検査の内容を把握しておくことが大切になります

臨床検査には患者さんから検体を採取して検査する体検査患者さんに直接機器を使用し検査する生理検査があります。

検体検査には採血や一般尿検査、血液培養検査、尿倍尿検査、喀痰培養検査などがあります。この中で一番行う検査は採血だと思います。

採血今現在の身体状態を把握するために行い、状態が変わった場合には身体状態がどのようになっているのか把握することができます。また、定期的に採血を行うことでどのように身体状態が変わっているのか比較、判断することができるため採血は一番基本的でよく行います。

生理検査にはⅩ-P検査、CT検査、MRI検査、心電図、心エコー、腹部エコーなどがあります。

患者さんに直接機器を使用し検査するため検査を行う前に確認しなければならないことが時折あります

MRI検査は磁気共鳴画像と言われ磁石のトンネルに入り強い磁気と電波で身体の中を見る検査なので身体に貴金属を装着していたり、体内に埋め込んだりしている場合外せる場合はすべて外し、体内に埋め込んであるステントや人工弁、ペースメーカーがある場合はDrに確認する必要があります。

 

臨床検査は必ず必要なことでありどのような検査があるのか理解しておくと患者さんの状態がより深く理解することができると思います。